妊婦に欠かせない成分はサプリで摂ろう|葉酸の力で安心妊娠生活

看護師

自分に合った病院の選び方

Baby

名古屋で不妊治療を検討している方は、5つのポイントで治療を受ける病院を選ぶようにしましょう。自分に合った不妊治療を受けるためにも、後で後悔しないためにも、事前にしっかりと各病院を調べることが重要です。

» 詳細へ

病院を見つける

flower

周囲に子持ちが増えてくると、子供が欲しいという気持ちも強くなります。、最近の傾向として、晩婚化に伴い、妊娠をする確率が減ってくるので、なかなか子供が授からないというケースも増えてきています。そして、その際に、不妊治療をされる方が多くなっています。今後も更なる増加が考えられます。

» 詳細へ

妊娠しやすい体を作る為に

smile

妊娠しやすい体を作るための妊活サプリがたくさん販売されています。体質に合わせて選ぶことでより妊娠しやすい体に近づくことができます。男性用の物もありますので、夫婦で妊活サプリを摂取してみてはいかがでしょうか。

» 詳細へ

ストレスは大敵

妊婦

無理しない事も大切

妊娠前から授乳中も葉酸サプリを摂取することは大切と言われています。しかし、中にはつわりがひどく、葉酸サプリを飲むことが出来ないという人や葉酸サプリを飲むと気持ちが悪くなってしまうという人もいるようです。このような場合には、自分に合ったサプリを見つけることが大切です。タブレットタイプや液体タイプ、粉末タイプがありますので、飲みやすい物を選ぶようにしましょう。形状をこれまでの物と違うものにすることにより、吐き気が軽減される場合もあります。また、食後にぬるま湯で飲むという方法もあります。冷たい水で飲んでしまうと、つわりが悪化する可能性がありますので、注意が必要です。葉酸は大切な栄養素の1つですが、飲むことがストレスになるようであれば、つわりが治まるまで飲むことを避けるという事も大切です。

食品にも含まれている

細胞の生産や再生を助け、体の発育を促す、細胞が新しくつくり出される際に、必要となるのが葉酸です。赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあり、貧血に悩む人にも嬉しい栄養素の1つです。葉酸は、豆類・海藻類・野菜、レバーなどに多く含まれていますが、葉酸は水に溶けやすいという特徴があるため、調理時に失われてしまう可能性があります。継続して、十分な量を摂取しようという場合には、サプリがおすすめです。ただし、サプリを飲んで食品からも摂取するとなると、場合によっては過剰摂取となってしまう可能性もありますので、注意が必要です。必要量は、時期によっても異なりますので、調整しやすいタイプのサプリを選ぶようにしましょう。